クラビット錠の購入用途


◆ クラビット錠を購入した人は、何の病気?(420人中)

1位 : 膀胱炎・尿道炎 (92人)
2位 : 扁桃腺炎・風邪 (84人)
3位 : 歯周病・歯痛 (32人)

クラビット錠を膀胱炎に購入した人の口コミ


◆ 良い口コミ

いつも膀胱炎で病院に掛かると処方されるのがクラビット錠で、予備のストックとして抗生物質を貰おうとしても出してくれない。具合が悪くなるのは急でいつも夜なので、夜間外来の病院を探すのも大変なのでストックがあると嬉しい。


膀胱炎になって仕事が忙しくて病院に行かなくて薬を飲まないでいると腎盂炎になり高熱を出すこともある。


排尿時に痛みを感じたらすぐに1日1回2錠(250mg×2)を5日間夕食後に飲む方法で治ります。


膀胱炎で病院に行くと、尿検査だけでなく血液検査までさせられる面倒なところもあるので、副作用もないのでクラビットの薬だけ市販で購入できると手間が省けます。


腎盂炎を何度かしていて、お医者さんからは次なると腎不全を起こす危険性があると言われていたので違和感があったらすぐ服用するようにしています。


クラビット錠のジェネリックなら安い価格で市販で購入できるので、何箱も手元にストックとして置いておけます。消費期限も1年半くらいはあるので1回に5箱は使うので250mgを10箱ずつ注文しています。


海外からの個人輸入の市販の薬なので処方箋なしでジェネリックの抗生剤を買えるのが助かる。


ドラッグストアで販売している膀胱炎の漢方薬を飲んだけど全然効果がなく、このクラビットをトータルで5日間飲んだら副作用もなく治りました。


旅行中に移動等でトイレに行けない時間が長くなり膀胱炎になる恐れがあるので抗生物質の薬を所持していると安心します。



◆ 悪い口コミ

1箱にクラビット250mgが5錠というのは、1回に2錠飲むので半端で余るのはおかしい。1箱に偶数個入りにしないのは何故だろう?


パッと見では有効期限が分かりずらかったので、もう少し説明を分かりやすくして欲しい。


一時しのぎにはなるが、素人判断で薬を飲むのを中止してよいかも分からないので、結局は病院の診察を受けることになる。

クラビット錠を扁桃腺炎や風邪に購入した人の口コミ


◆ 良い口コミ

生まれつき扁桃腺炎になりやすく、一度症状が出ると40度近く上がり病院にいくのも体力的に辛くなるのでクラビットが自宅にあると助かります。皆さんのレビューを見て副作用が少なかったので市販で購入しました。


風邪を引くと薬局の感冒薬を1週間飲んでいましたが、初めてクラビット錠を購入したのですが3日で症状がなくなり効果が早かったです。


扁桃腺が腫れるたびに半日の有休を取って病院に診察に行っていましたが、薬の処方だけで終わるのだから自分で買った方が早い。


わざわざ病院にいくかどうかの中度の風邪の症状の時にクラビット錠があると重宝しするので、抗生物質を常備薬として買いました。



◆ 悪い口コミ

注文して届くまでに10日くらい掛かるので、扁桃腺炎が出てからでは遅い。予めストックを持っておいても1年に1回なるかならないかだと消費期限が切れて捨てることになり勿体ないので微妙です。


他の人はどうか分からないですが胃が荒れることがあるので、クラビット錠と市販の胃壁修復タイプの胃薬も同時に併せて飲むようにしています。


クラビットを歯周病や歯肉炎に購入した人の口コミ


◆ 良い口コミ

疲れてくると歯茎が浮いてきて痛みが出て、その都度歯医者に予約を入れてクラビットを貰っていたが時間が掛かりすぎるので市販を購入しました。


歯の根元が弱っているが抜歯するのが嫌で放置しているのがあり、時々痛むとクラビットを3日間飲む方法で副作用もなく凌いでいます。


歯茎が腫れた状態になると3日間はロキソニンと一緒に飲むと痛まずに治ります。


抗生物質の種類は薬局には置いてないので、歯が急に痛み出すと困ってしまうのですが、常備薬としてクラビットがあると歯科に行かなくても大丈夫です。



◆ 悪い口コミ

歯の痛み止めに効果があるというレビューで購入しましたが、私には効きませんでした。


以前に個人輸入代行で注文したら、パッケージの箱がつぶれて届いた。中身の薬は無事でしたが。


クラビット錠の副作用

クラビット錠を市販で購入してレビューを書いた420人を調査した中で、副作用があったとコメントした人は8人で約2%になります。 副作用の症状は、「下痢」「めまい」「吐き気」というものですが、他の抗生物質と比較して悪い口コミが少ないのが特徴です。 クラビットは風邪の場合などに1回に250mgなら2錠飲むのですが、それが気持ち悪くなるという体験談がありました。 飲み方としては、1回に500gでないと殺菌効果が出ないので注意が必要です。

クラビットの総評まとめ


膀胱炎と扁桃腺に効果がある抗生物質が副作用も出るクラビットの特徴で、風邪以外の症状では効かなかったという口コミレビューも目立ちました。 クラビットとはレボフロキサシン水和物というのが正式名所で、ニューキノロン系の抗生物質に属します。 ニューキノロン系は5種類ある抗生物質でも最も強い作用を持ち、市販にはないクラビットはその中でもトップクラスの殺菌力がある薬です。 強い殺菌力なので色々な症状に使われます。

クラビットの副作用としては、私個人が皮膚科で処方してもらったときに症状が出たのは「めまい」「頭痛」「血圧上昇」で、途中で服用を中止しました。 頭皮にできものが赤く出来て皮膚科で診察してもらった時に処方されました。 副作用が少ないという特徴の薬ですが、殺菌力が強いというのは腸内の良い細菌までも殺してしまうことになります。 既存に備わっていた免疫力が低下する恐れがあるのが抗生物質ですが、膀胱炎などに使われるほどクラビットは特に殺菌力が強いので副作用の出方は個人差がありますが、服用中は安静にした方がよいと思います。

他の抗生物質の種類と比較して消費期限が長く保存に適していて、クラビット錠のジェネリックは価格が安いので風邪の時の常備薬の感覚で家庭の薬箱に置いている人が多いです。 日本では医者では一週間分しか出してくれないので予備とすることもできません。 薬局やドラックストアでは膀胱炎に効くクラビットは市販してないので個人輸入代行で購入して1週間後に届く流れになります。


 抗生物質の副作用【市販薬の種類】


このページの先頭へ