バルトレックスの用途


◆ バルトレックスを購入した人は、何の病気?(402人中)

1位 : ヘルペス (165人)

バルトレックスをヘルペスに購入した人の口コミ


◆ 良い口コミ

ヘルペスが再発するので病院で処方されたアシクロビルだと吸収性が悪く腎臓負担があるので、長期服用しても安心なバルトレックスにしました。


口唇ヘルペスが出来た時はゾビラックスで対処してましたが症状の緩和だけでウィルスを退治してくれなさそうで、病院では抗生物質ではないがこちらを処方されました。


疲れやストレスで体調が悪くなると口唇ヘルペスが出来てしまい、塗り薬では対応が悪く跡が残ってしまうのでバルトレックスを数日飲んで処置しています。


病院に行くと薬代だけで10錠で2500円も掛かってしまい、診察代金と合わせても5000円くらい平均で掛かってしまいます。


性器ヘルペスで塗り薬だとトイレに行くたびに塗りなおさないとならないのが面倒です。


500mgよりも1000mgの方がバルトレックスは有効なようで、疱疹が出る前のムズムズ時に1000mgを1回飲めば治ります。


何も考えなしに塗り薬を出す医者よりも、いくつかの種類の抗生物質を常備薬として持っていて初期症状がでるか前触れがあったら薬を飲むのが一番有効的です。


急いで薬を飲まないといけないのに週末だったりすると、症状が悪化して数週間は酷いことになり回復まで時間が掛かってしまいますので、反復性のヘルペスにはバルトレックスを通販で購入して手元に置いておくことにしてます。


今まではドラッグストアの市販薬のアラセナS(SATO)を使ってましたが、塗り薬より内服の方が効果がると聞いてこっちにしたら、3倍早く治りました。


最初に疑わしいヘルペスの症状が出たら1000mgを1回飲んで、そして翌日以降は1000mgはピルカッターで半分にして1日1回1週間飲むようにしています。


以前にヘルペスの血液検査で陽性が出てアシクロビルを貰いましたが、自分で購入したバルトレックスの方が抗生物質として効果があるように思いました。


病院では500mgを朝と晩に1錠ずつ飲むように言われたので、個人輸入代行で1000mgを買って錠剤を半分にして6日間服用したらすぐに治りました。


ヘルペスで皮膚科に掛かったら、外用薬と飲み薬の両方を出すことはできないと言われ、内服薬も5日分しか処方できないと言われたので自分で1000mgを買って1日2錠を2週間飲みましたら再発しなくなりました。


数日でも飲まないと直ぐに症状が出てしまうので少量ずつを欠かさず飲んでます。値段が高いのでジェネリックにしてますが効果は同じです。



◆ 悪い口コミ

ヘルペスで帯状疱疹が出てバルトレックスを飲んだが全然効かなくネットで調べたら、薬はあくまでも初期の段階でしか緩和できなく酷くなってしまったら対処しきれないようです。


治りにくく再発しやすいのに、抗生物質の薬の値段が高いので年間で考えると大きな出費になってしまう。


錠剤のサイズが大きく呑み込みにくいし、尖っている部分が喉に当たって引っ掛かったり痛い時もあるので小さくしてほしい。


バルトレックスの総評まとめ


薬の効果がどれくらいあるかは、「どれだけ早期に対処するか」で左右されるので、ヘルペスの前兆や初期症状が出たらすぐにバルトレックス1000mgを服用して様子を見るのが良いようです。 単純ヘルペスは、誰もが全員体内に持っているウィルスなので、抗生物質などの種類では治療できなく、それが増え続けて患部に悪さするのを抑えるのが薬の役目で、完全に抹消することはできません。

塗り薬と飲み薬ですが、口唇ヘルペスだとアラセナSのような塗り薬が適しているように思われがちですが、効き目が強いのはバルトレックスのような内服薬です。 アシクロビルがヘルペスウィルスを抑える抗生剤の薬としては有名ですが副作用があるようで、長期間服用するには向かないということで常備薬としてはバルトレックスをネット通販にて購入する人が多いようです。

今までのゾビラックスは薬を飲んだ後の効果の時間が短い為に、1日に5回も服用する必要がありましたが、バルトレックスなら1日2回で十分になったので飲み忘れを考えるとありがたいです。 塗るタイプのものはヘルペス対策としてドラッグストアや薬局で市販してますが、錠剤の薬は個人輸入代行か病院で診察を受けるしかありません。


 抗生物質の副作用【市販薬の種類】


このページの先頭へ