アモキシシリンの用途


◆ アモキシシリンを購入した人は、何の病気?(260人中)

1位 : 犬・猫用 (60人)
2位 : 副鼻腔炎・風邪 (57人)
3位 : 梅毒 (20人)

アモキシシリンをペットの犬や猫に購入した人の口コミ


◆ 良い口コミ

飼い猫の膀胱炎で動物病院で処方されたオレンジ風味の種類の抗生物質を飲んでくれないので、アモキシシリンを乳酸菌飲料とハチミツに混ぜて誤魔化して与えてます。


猫の一匹が口内炎になったので食事の度に泣いていました。アモキシシリンのカプセルを取り外して250mgを4等分にして1日2回3日間で副作用もないようで完治しました。


家になついた野良猫が足を怪我したらしく、膿がでていたので獣医に見せるわけにもいかなく、少量ずつ餌に混ぜてあげてました。少しずつ回復していて怪我の範囲も狭くなってきました。


犬の病気で今までは1週間で6,000円の費用が掛かっていたので、サワシリンのジェネリックとして通販で購入しました。


鼻水が治らないメス猫にウェット餌に1/4カプセルずつ投与して5日で治りました。効果のほどはバチリオンと似ているというか同じです。


犬が加齢で膀胱炎になり動物病院で検査を受けたら、処方された薬がアモキシシリンでした。耐性菌ができるので長い期間は投薬できなく2週間が限度です。


猫の膀胱炎で獣医に診て貰うと5,000円は掛かってしまうので費用対効果として薬を個人輸入で購入しました。


下半身不随の愛犬を自宅で療養するのに、抗生物質としてバイトリルやビブラマイシンだと効き目が強く副作用も心配ですが、比較的弱いアモキシシリンなら長期に使えます。



◆ 悪い口コミ

ネットで調べて犬用に購入しましたが、犬の体重とアモキシシリンの適正量がカプセルの為に計測しにくく分からないので、結局は近所の動物病院で処方してもらいました。


商品のシートとパッケージの特性上、持ち運びが困難なので100均でピルケースを買って抗生物質として使用するようにしました。


ペットにカプセルから取り出して粉末を与えようとしたら、上手に取り外せなく粉末も固形になっていたので磨り潰す必要がありました。

アモキシシリンを副鼻腔炎・風邪に購入した人の口コミ


◆ 良い口コミ

副鼻腔炎で耳鼻咽頭科に行っても吸引療法が駄目なので、いつも薬を処方されるだけで、しかも1週間分が上限なので、アモキシシリンのカプセルを自分で購入しました。


耳鼻科では以前はサワシリンを処方してもらってましたが、その代用として購入しました。昔はサワシリンも個人輸入で買えたのですが、今は駄目なようですね。


ロキシスロマイシン150mgを副鼻腔炎で掛かりつけの医者では2週間ごとに処方されていました。アモキシシリンを要望したら医師から「常用すると耐性菌の恐れがある」とのことでセフェム系とニューキノロン系と交互に使ってます。


抗生物質が手放すことが出来なく、同じ系統だと耐性が出来てしまうので副作用が少ないアモキシシリンを購入しました。


風邪を引くたびにアジスロマイシンを飲んでいたら耐性が出来てしまったようでアモキシシリンに変更しました。


フロモックスやジスロマックは副作用で激しい下痢になるのが難点なので、作用が弱いペニシリン系で試してます。
参照:ジスロマック抗生物質【歯周病・風邪・クラミジア】効果や副作用の口コミ


慢性の上気道炎で、発症したときには服用させてもらってます。



◆ 悪い口コミ

同じペニシリン系のサワシリンと比較して効果が薄く作用が薄いように感じました。


カプセルのシートに切り込みがなく、はさみで切るか取り出してケースに入れておくかで不便です。


扁桃腺炎になった時にレボクインの抗生剤を処方されたのですが、今回アモキシシリンを使ったら副作用もないが効果が見られなかった。


アモキシシリンを梅毒に購入した人の口コミ


◆ 良い口コミ

病院に恥ずかしくて行けない梅毒になりアモキシシリンを服用しました。皮膚の発疹が無くなり症状が緩和しました。


以前に梅毒になって病院に行ったらアンピシリンの抗生物質を処方されたのを覚えていて、今回再発になり同じ系統のカプセルであるアモキシシリンをネットで購入しました。



◆ 悪い口コミ

ネットで購入したら消費期限が短くて驚いたのと、4箱中1箱だけつぶれて配送されてきた。


アモキシシリンの副作用


アモキシシリンを購入してレビューを書いた260人を調査した中で、副作用があったとコメントした人は4人で約2%になります。 アモキシシリンは抗生物質の5種類の中でも作用が中程度で副作用も割と少ない部類になります。 4人のコメントでは「下痢」という被害があったというレビューです。

アモキシシリンの総評まとめ


効き目が弱いの抗生物質という特徴で、ペットの犬や猫に適しているようです。 また用法としては、抗生物質を長期で服用しないとならない場合に副作用がないアモキシシリンを耐性菌が出来ないように使う人が多いです。

アモキシシリンの飲み方としては、1日3回250mgを毎食後にがお勧めです。 症状によって服用期間が異なりますが、2週間を超えると耐性菌の心配があるので、それ以上の場合は病院で診察を受けるようにしましょう。 ネットでの市販薬としてはアモキシシリンは安い価格で1カプセル60円くらいです。

副鼻腔炎や風邪や梅毒で利用するケースが主なようですが、作用が弱く長期で服用するのでなかったら病院で診察を受けた方が安心できます。


 抗生物質の副作用【市販薬の種類】


このページの先頭へ